「007」初代ボンド役 ショーン・コネリーさん死去 世界で最もセクシーな俳優だった

2020年10月31日 22時45分

来日した時のショーン・コネリーさん(1983年)

 英スコットランド出身の俳優ショーン・コネリーさんが10月31日、死去したと英BBCなどが報じた。90歳だった。滞在していた大西洋の島国バハマで亡くなったという。

 コネリーさんは1930年8月25日、スコットランド生まれ。1957年「No Road Back」で銀幕デビューし、62年に代表作「007/ドクター・ノオ」でジェームズ・ボンド役に抜擢。一躍スターとなった。

 87年に映画「アンタッチャブル」でアカデミー賞助演男優賞を受賞。2000年に英国王室からナイトの爵位を与えられたが、06年に俳優を引退するとのコメントを発表した。

 コネリーさんを語る上で欠かせないのが「色気」だ。95年に「エンパイア」誌が選ぶセクシーな俳優ベスト100にランクインし、98年には「ピープル」誌で最もセクシーな男に選ばれている。

 老いても輝きは衰えない。引退宣言後の07年に映画サイト「ザ・ムービー・ドット・コム」が行った60歳以上を対象とした「最もセクシーな男」で、コネリーさんは堂々の1位に。映画関係者は「1980~90年代の大スターで『世界最高の色男』と言われました。007シリーズでは、スパイなのに色気がすごすぎてバレバレという矛盾も指摘されました」と話す。

 また一人、大スターがいなくなってしまった――。