迷惑ユーチューバー・へずまりゅう 新たに〝寝そべり動画〟で書類送検! 見せしめか

2020年10月26日 10時52分

へずまりゅう

 迷惑ユーチューバーの「へずまりゅう」こと原田将大容疑者(29)が26日、新たに東京・渋谷のスクランブル交差点前で布団を敷いて寝そべり、通行を妨害した道路交通法違反容疑で警視庁に書類送検されていたことが分かった。

 同容疑者ら3人は7月、渋谷のスクランブル交差点前の歩道に原田容疑者が寝そべった状態の布団を敷き、通行を妨害。その模様をユーチューブに投稿するため撮影していた。警視庁は歩道に布団を敷いて寝そべる行為も道路交通法違反に該当するとして書類送検した。

 調べに対し、原田容疑者は「ベッドを置かなければ犯罪にならないと思っていた」などと供述しているという。

 原田容疑者をめぐる事件はこれで3つめ。5月に愛知県岡崎市のスーパーで、会計前の魚の切り身を食べた窃盗容疑で7月に逮捕、起訴。今月には大阪市内の衣料品店で返品を巡り、経営者に罵声を浴びせた威力業務妨害と信用毀損で大阪府警に逮捕、送検された。

 その後、保釈された原田被告は22日に約3か月ぶりにツイッターを更新。「食べた物を吐くので、吐血する状態」「様々な条件があるから完全に自由になった訳ではない」「今は身体を治したいし一日でも早く社会貢献したい」などとつづっていた(現在は削除)。

 本紙では落ち込む原田容疑者に対し、親交のある「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首が手を差し伸べようとしていると報じたばかり。

 警察関係者は「大阪府警に負けじと、東京の警察も本腰を入れたのかもしれない。他の炎上系ユーチューバーに警鐘を鳴らす意味もあるのだろう」と推察する。

 迷惑行為の代償は大きかった。