桜井日奈子が大井競馬場「メガイルミ」を前にコロナ終息願う「来年はもとの生活に戻って」

2020年10月23日 20時32分

イルミネーションをバックに馬車でポーズをきめる桜井日奈子

 女優・桜井日奈子(23)が23日、東京・大井競馬場で行われた「東京メガイルミ2020‐2021」イルミネーション点灯式に出席した。

 白ドレス姿の桜井はポニー馬車に乗って登場。東京メガイルミは2018年10月にスタート。東京とは思えぬほどの広さと開放感のある大井競馬場を舞台に、都心で楽しめるイルミネーションイベントとして浸透中だ。

 3年目を迎える今シーズンは、コロナ禍で日常生活に変化を迫られ、心に不安を抱えるすべての人に光を灯す演出が盛りだくさん。〝癒やしと楽しさを提供する場を〟という思いで噴水ショーやオーロラ演出をグレードアップした。

 点灯式後、囲み取材に応じた桜井は、ポニー馬車で登場した感想を聞かれ「後ろ姿を見てお尻に馬力が詰まっていて、見とれちゃいました」。撮影では大きな馬車に乗ったバージョンも撮影したが「馬車馬があれだけ大きかったのは、衝撃でした」と驚いた。

 ドレス姿については「胸元がザックリしているので、屈みすぎないようにと…スリルがありました」と照れ笑い。

 今年も残すところ2か月あまり。桜井は「新型コロナウイルスの影響で、お家から出ちゃいけない状況で、3か月とか半年くらいは時が流れている感覚がなかった。でも、こうしたイルミネーションを見ると、季節を感じれます。来年は元の生活に戻って、日本が活気づいて元気になれば」と願った。