ナイナイ岡村 婚期を遠のかせた女釘師のトラウマ

2020年10月23日 17時17分

各方面から祝福される岡村隆史

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)の電撃婚に芸能界が祝福ムードだ。

 日本テレビ系「東野・岡村の旅猿」で共演するなど公私ともに親しいタレントの東野幸治は自身のツイッターで「岡村おめでとう!」と祝福。加藤浩次は「スッキリ」生放送で「びっくりしましたね。岡村は女性の影がなかったので。本当に幸せになってほしいです」とお祝いコメントした。

 岡村といえば、女優やグラビアタレントなど、数々の女性とウワサにはなっていたが、精神的なダメージが大きかったといわれるのが10数年前にぼっ発した「巨乳女釘師T」とのスキャンダルだ。

 岡村がパチンコ好きであることを利用して接近し、岡村のマネジャーの車に同乗したところを週刊誌に激写される羽目になってしまった。男女の関係は一切なかったにも関わらず、Tはその後記者会見を開き「結婚しようみたいに言われました」と証言。これに激怒した岡村は当時ラジオ番組などで「売名や!」「はめられた!」などと訴えた。

「最後は持ちネタのようになりましたが、騒動直後は女性不信に陥っていました。後輩にも体験談として語り継ぎ『近づいてくる女に付いていったらあかんねん』とレクチャーしていました」とはお笑い関係者。

 そうしたトラウマを乗り越えて、ついにゴールインした岡村。今後は〝こじらせ男子〟の希望になりそうだ。