舛添要一氏 石破氏の派閥会長続投を要望「日本の政治から活力が失われる」

2020年10月22日 18時50分

舛添要一氏

 元東京都知事の舛添要一氏(71)が22日、ツイッターを更新。石破茂元幹事長(63)が率いる石破派(水月会)の会長辞任の意向を示したことについて、自身の見解を語った。

 石破氏は22日に、9月に行われた総裁選挙で最下位に沈んだ責任を取り派閥の会長を辞任する旨を表明した。

 これに舛添氏は「石破氏が派閥の会長を辞任。総裁選敗北の責任をとるというが、よく理解できない。そんな理由で辞めていたら、総裁選などできなくなる」と指摘。

 続けて「後継会長に衆目の集まる人が決まっているのなら別だが、そうでないなら自ら捲土重来を期すべきだ。『分かりやすさ』が石破流だろう。日本の政治から活力が失われる」と石破氏に派閥の会長続投を要望した。