霜降り明星・粗品 ギャンブルで700万円負け→競輪的中し249万4000円寄付

2020年10月21日 01時25分

霜降り明星・粗品

 人気お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(27)が21日、破天荒なギャンブル人生に新たな1ページを記録した。

 19日、競馬とボートレースで2日間に530万円を失ったと明かした粗品。ボートレース大村の公式ツイッターが「明日の12Rドリーム戦で、取り戻しお待ちしております」とつぶやくと「黙ってくれハゲタコ」とやり返していた。

 粗品は翌日「ボートレース大村公式に喧嘩売られたんで消費者金融魔法陣で工面して買いました」とクレジットカードや消費者金融のカード、1万円札の束の写真、ボートレース大村の舟券を170万円分購入した画面写真を投稿した。

 しかしまたしても的中できなかったようで、直後に「3日で700万負けた これで取り返そーっと」とパチンコに挑戦する様子をツイートするはめに…フォロワーからは「もうやめとけ」「正気に戻ってください」と心配する声が寄せられた。

 だが、負けたままで終わらないのがこの男のすごいところ?「700万負けてたので、競輪でもう77万負けようとしたら当たったので寄付しました」と競輪で3連単を的中し、払戻金が326万4000円となったことを報告。プラスになった249万4000円を日本財団に振り込んだことを明かすと、ファンから「ここまで来たらいいんか悪いんかもう分からん!!」「マネーエンターテイメント最高でした」と大絶賛された。