周庭さん 香港人の恐怖心告白「批判的意見を言えば犯罪になるんじゃないかな」

2020年10月20日 15時18分

動画でメッセージを送る周庭さん(ロイター)

 香港の民主活動家・周庭(英語名=アグネス・チョウ)さん(23)が19日、ツイッターで香港の人々の「恐怖心」を告白した。

 周さんは「ツイッターを再開したのに、なぜあまり発信しないのか、よく聞かれます。言いたいけど言えないことが多いからです」とツイート。続けて「香港人の心の中には、とんでもない恐怖感があります。批判的意見を言えば犯罪になるんじゃないかなとか、外国語で発信すれば『外国勢力と結託』で逮捕されるんじゃないかなとか」と現在の香港の〝不自由さ〟を説明した。

「反対意見をすべて消すことは、決して本当の平和ではありません。口は自由じゃないけど、私の心は自由です。恐怖の中で生きているからこそ、自分の主張を決して諦めてはいけないと信じています」という周さんに、フォロワーからは「心は自由ですよね」「無理はなさらず…命が大事ですから!」と応援の声が上がっている。

 周さんは8月10日に国家安全法の「外国勢力との結託」容疑で逮捕され、翌日に保釈。その後9月からツイッターを再開していた。