〝盗撮魔撃退レスラー〟11・3靖国で王座挑戦!「ベルト取ってドラマ完結させる」

2020年10月16日 17時42分

晴れ舞台に臨むヤス久保田

〝正義のヒーロー〟からチャンピオンへ! ゼロワン恒例の奉納プロレス「第18回大和神州ちから祭り」(11月3日、東京・靖国神社)で、田村ハヤト(25)の持つ世界ヘビー級王座に挑戦するがヤス久保田(46)が燃えに燃えている。

 久保田は今月1日に愛知・名古屋市営地下鉄の駅ホームで女性のスカート内を盗撮する男を発見し、駅員、警察官に突き出した。これが7日の本紙WEB記事で報じられるとまたたく間に拡散され、一躍時の人になった。

 翌8日には同王座初挑戦が決定。デビュー1年で王者となった田村には「並大抵の新人じゃない」と警戒しながらも、急遽舞い込んできたチャンスに「注目された中で自分を鼓舞して挑める。一レスラーとしてこれだけの舞台に立てるのは幸せなので、今までの経験を全てぶつける」と気迫をみなぎらせた。

 ニュースの反響は大きく、自身のツイッターのフォロワー数も一気に約400人増えた。だが決しておごることなく、朝食の「菓子パン」についてツイートすることが日課となっている。

「全国でニュースになるのはこういうことかと驚いた。王座挑戦が決まってからも温かい言葉で勇気をもらっているので、ゼロワンで一番権威のあるベルトを取って、ドラマを完結させたい」

 被害女性を思いやり「こういう犯罪がなくなってほしい」と願う心優しきベテランが、至宝奪取へ突き進む。