産休明け小川彩佳アナ「NEWS23」復帰を注視するTBSの内情

2020年10月16日 05時15分

小川彩佳アナ

 7月に第1子を出産したフリーアナウンサーの小川彩佳(35)が、メインキャスターを務めるTBS系の報道番組「NEWS23」に19日から復帰する。番組の公式ツイッターが15日に発表した。

 ツイッターでは「7月からお休みをいただいておりましたが、来週月曜日から再び『NEWS23』で皆さまにお目にかかることになりました」と報告。「気を引き締め、心を込めてニュースをお伝えしてまいります」と決意を新たにしている。

 小川アナは2019年3月に一般男性との結婚を機に、テレビ朝日を退社。同年6月から「NEWS23」のメインキャスターを務めており、今年2月に第1子妊娠を発表。7月4日から産休に入っていた。

 産休期間中はサブキャスターを務めていたTBSの山本恵里伽アナが、代役としてメインを務めていた。ある制作会社関係者は「代役の山本アナの評判がすこぶるいいんです。落ち着きもあるし、フラットにニュースが入ってくるといった感じで、視聴者からも好印象を持たれている。局内での評価もうなぎ上りだそうです」。

 ネット上でも小川アナが復帰することで、山本アナの出番が減ってしまうのがさみしいといった声も少なくない。

 それでも、小川アナが復帰することで、番組の視聴率がついてくれば問題はないだろうが、前出の関係者は「TBSは自局のアナウンサーを使わなすぎるということで、常に局内から不満の声が上がっている。そんな状況下で小川アナが復帰しても数字が上がらないなんてことになれば、自局アナを使えとの声が局内で湧き起こってもおかしくない」。

 小川アナが正念場を迎える。