ハナをへし折られた竹内涼真 髪形変えただけで誰にも気づかれず

2020年10月15日 04時42分

「ゼニス」ブティック銀座グランドオープニングセレモニーに出席した竹内涼真

 もっとも旬な若手俳優とも言われる竹内涼真(27)が、〝髪形〟でさらにひと回り成長しそうなムードだ。

 14日に東京・銀座で行われたスイス高級時計ブランド「『ゼニス』ブティック銀座グランドオープニングセレモニー」に出席。同ブランドのアンバサダーを務めている竹内は、次の夢をたずねられると「自分の感覚だけじゃ限界があるので、いろんな国の人たちのアイデアやインスピレーションに刺激を受けながら、もっといい作品作りができたらいい」と話した。

 竹内といえば、来年1月期の日本テレビ系連続ドラマ「君と世界が終わる日に」で主演することが発表されたばかり。撮影に向けて「人生で初めてブリーチをして、久々に髪を短くし、ヒゲを生やしました」と大胆イメチェンを告白したが、意外にも周囲に気づかれずガックリしたという。

「ブレーク俳優と言われたが、髪形を変えただけで気付かれなかったので〝まだまだ頑張らないと〟と奮起しているとか」とはテレビ局関係者。

 この日のセレモニーでも、道行く人から「竹内涼真? 違うんじゃない?」と戸惑う声が噴出していたのだ。

 さらに、5月には女優の吉谷彩子(29)から三吉彩花(24)への〝乗り換え愛〟だけではなく、緊急事態宣言下でマスクをせずに外出していた姿が報じられ、激しいバッシングも起きてしまった。

「熱愛は事務所からNGを出されず、ワイドショーでも報道された。それが〝愛のムチ〟になったようで、反省して仕事によりまい進するようになっているといいます」(前同)

 この日、仕事について「厳しい道に挑戦していきたい」と抱負を口にした竹内。新ドラマでは成長した姿を見せたいところだ。