爆笑問題が山田雅人のタブー聞き出す「森脇健児が嫌いなんです!」

2020年10月09日 22時31分

左から田中、太田、山田

 お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=55、田中裕二=55)が9日、都内で行われた「タイタンライブ」に登場。スペシャルトークで山田雅人(59)と爆笑トークを繰り広げた。

 爆笑と山田は30年前からの知り合い。山田と森脇健児が当時やっていた「森脇・山田の抱腹Z」という番組に若手だった爆笑がゲスト出演したという。

 思い出話で太田は〝毒ガス〟を大全開。森脇の事を「(あの番組で)山田さんの横に面白くないやつがいましたよね?」といじる。山田は何も答えなかったが、田中も「森脇の話になると、山田さんが黙るんだよな」と意地悪く突っ込むと、山田も2人のイジリに耐えかね「嫌いなんです!」と会場を盛り上げた。

 山田は「6歳年下やったからね。感覚が合わないというか。森脇君も同じ気持ちだったと思いますよ」と語る。その後は思い出話や山田の競馬にまつわるエピソードで盛り上がった。

 山田のお父さんが亡くなったのは、2013年の菊花賞の日。3時40分発走で、なんと3時41分に大阪の家で倒れたという。

 その日山田は九州で仕事だったが、駆け付けた。

 そこで母から衝撃の事実を聞かされた。お父さんの最期の言葉は「菊花賞、何、入った(どの馬が1~3着に来た)?」だったそうだ。

 そのエピソードをすべて聞くと、爆笑も手を叩いて喜ぶほどだった。

 実は山田は競馬実況などの語り芸で知られるが、このたび、放送作家の高田文夫氏の命を受け、爆笑・太田を主人公にした「太田光物語」を10月23日に配信ライブすることが決定。

 山田は太田を「お父さん。お笑いの才能がすごい」とほれ込んでいて、「太田さんの脳みそに住みたい」と〝天然発言〟。太田が「寄生虫みたい」とツッコむと大爆笑だった。