ベッカム長男・ブルックリン 億万長者の娘と婚約中 英国&米国、パパ司会で来夏W挙式へ

2020年10月09日 18時06分

父のベッカム(右)、母のビクトリア(中)とブルックリン(ロイター)

 7月に米新鋭女優と婚約を発表したデビッド・ベッカム(46)の長男ブルックリン(21)が来年、家族総出で役割分担するアットホームな結婚式を英国と米国でそれぞれ行うと米NBCニュースが伝えた。

 同ニュースによると、婚約者ニコル・ペルツ(25)のためにブルックリンの母親ビクトリア(46)がウェディングドレスをデザイン。妹ハーパー(9)が花嫁のサポート役〝ブライズメイド〟を務める。

 また、新郎のサポート役〝アッシャー〟はブルックリンの2人の弟ロメオ(18)とクルーズ(15)が担い、結婚式司会は父親デビッドが担当するとしている。

 ベッカム家に近い関係者は「両親や兄弟同様、ブルックリンは家族をとても大切にしている。結婚式も最も信頼できる人たちに任せたいと思っていて、それが家族なのだ」と説明した。

 英女性ポップグループ、スパイス・ガールズ出身のビクトリアは現在、ファッションデザイナーとして活動しており、息子の婚約者のためにデザインできることに大喜び。すでに準備を進めているようだ。

 親しい友人は、ビクトリアがシックやモダン、ミニマリストといったテーマをデザインの基調としていることから、「ウェディングドレスも派手なものにはならないだろう」と指摘した。

 挙式の日程はまだ決まっていないが、NBCは夏になりそうだとしている。

 ブルックリンは写真家として活動をする一方、ニコルは2006年のコメディー映画「ライトアップ!イルミネーション大戦争」に端役で女優デビューして以来、「トランスフォーマー/ロストエイジ」(14年)などハリウッド映画に数本出演している。

 ニコルの父親ネルソン・ペルツ氏(78)は投資家として大成功した億万長者。米経済誌「フォーブス」によると、資産は17億ドル(約1800億円)というから、4億5000万ドル(約477億円)とされるベッカム家のそれをはるかに上回る大富豪なのだ。

〝無名の女優〟がベッカム家に玉の輿かと思いきや、実はブルックリンが〝逆玉〟だった?