コロナから復帰のミルクボーイ内海 俳優業に意欲「やらざるを得ない。スクリーンが求めてくる」

2020年10月07日 13時22分

ミルクボーイの駒場㊧と内海

 お笑いコンビ「ミルクボーイ」(駒場孝=34、内海崇=34)が7日、オンラインで行われたコーヒーマシーン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタW【ダブリュー】」PRキャラクター就任会見に登場した。

 先日、新型コロナウイルスに感染し、休養していた内海は「心配していただいたみなさまありがとうございます」と感謝する。相方の駒場は「千羽鶴折ってた。まだ、1羽目の途中」とボケて、笑いを誘った。

 トークセッションでは大喜利を交えながら、新製品の魅力をアピール。

「一家に一台あるぐらいのPRをしていきたい!」(内海)。「シブい、味のある、コンビになれるようにマイペースで頑張ります」(駒場)と2人はPRキャラクターとして意気込んだ。

 報道陣から「コーヒーを飲みたくなる瞬間は?」という質問には「今ですね。ぐびぐびいきたい。僕は1日が終わって、ホッとしたい時に飲みますね」と内海は話す。

 一方、駒場は「M―1の予選前に、行きつけの喫茶店でコーヒー飲んでたんです。気合の一杯で飲んでました」と明かした。

 スペシャルショートムービーで演技も披露。今後の俳優業について内海は「やっていきたいというか、やらざるを得ない。もう、僕だけの体じゃないなと、スクリーンが求めてくるんで」とキッパリ。駒場は「日焼け次第ではコーヒー役もできます」とボケると、内海は「漫才できんくなるで」と息ピッタリでツッコんだ。