サンド伊達が新CMにグチ「相変わらず脇役。何でなのかな?て思いますね」

2020年10月06日 12時22分

左から伊達みきお、富澤たけし

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」(伊達みきお=46、冨澤たけし=46)が6日、都内で行われた宮城米の新CM発表会に登場した。

 4年連続で宮城米のCMに出演している2人。

 今回は定食屋の店主を演じた伊達と客役の冨澤が銘柄米「ひとめぼれ」と「だて正夢」をPRする。

 これまでも似たような設定で、冨澤が主役になっていたCMに伊達は「相変わらず脇役。毎回冨澤がメイン。何でなのかな?て思いますね」とチクリ。撮影は「ものすごく暑くて、汗がすごかった。僕は厨房だったので冷房が入らなくて大変だった」と振り返った。

「だて正夢」の名前にちなんで、正夢になってほしいことを聞かれた冨澤は「布団が宮城米になってほしい。ほかほかでいい香りがすると思うし、よく寝れると思う。起きたらすぐに飯が食える」と答え、会場を笑わせた。