【TIF】ももクロ・佐々木彩夏プロデュースの浪江女子発組合が初出演

2020年10月04日 14時44分

TIFに初出演した浪江女子発組合

 ももいろクローバーZの佐々木彩夏(24)が総合プロデュースを務めるアイドルグループ「浪江女子発組合」が4日、東京・お台場で開催中のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン2020」(2~4日、以下TIF)に初出演した。

 浪江女子発組合は、福島県の浪江町発の7人組ご当地アイドルグループで「浪江発の風に乗せて、あなたに届きますように」をキャッチフレーズに2019年から活動中。グループの発起人である佐々木もメンバーの1人で、ももクロ、「アメフラっし」「B.O.L.T」らアイドルグループのメンバーで構成されている。

 今回、メンバーの鈴木萌花(18)を除く6人でデビュー曲「なみえのわ」などを含む3曲を披露。

 普段は月に1回、浪江町の社会福祉センターでグループ活動を行っていたそうだが、新型コロナウイルスの影響で現在は自粛中。それでも児島はな(16)は「10月31日にTACHIKAWA STAGE GARDEN(東京都・立川市)にて有観客ライブ開催が決定しました」と報告。これに佐々木は「8ヶ月ぶりの表舞台。緊張しますが、頑張ります」と意気込んだ。


 今回のTIFは新型コロナウイルス感染症の影響で初のオンライン開催となっている。