伊勢谷友介被告に凸ったユーチューバーが謝罪も「本当に反省してる?」の声

2020年10月02日 23時09分

伊勢谷被告㊨に近づくよりひと

 大麻取締法違反(所持)で起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)が保釈された際、コーラ片手に接触しようとしたユーチューバー・よりひとが活動休止を発表した。

 よりひとは先月30日、東京湾岸署の正面口で保釈の挨拶を済ませ、車に乗り込もうとした伊勢谷被告に接近し「メントスコーラ、お願いします」と呼びかけた。すぐさま警察官が〝捕獲〟し、、署に強制連行した。

 よりひとは自身のユーチューブ番組を更新。黒いスーツにネクタイを締め、一連の騒動を振り返り「今回の件に関しましては、伊勢谷友介さんには全く非はございません」とした上で「伊勢谷友介さんにメントスコーラをお願いしてしまい大変申し訳ございませんでした」と謝罪。今後の活動について「わたくしのチャンネルをしばらく活動休止させていただきたいと思います」と宣言した。

 よりひとは先月27日に急死した女優・竹内結子さん(享年40)の自宅周辺に集まるマスコミを注意して回り、それを動画として公開。何かといわくつきの男だけに、ネット上では「アクセス稼ぎが狙いだろ」「本当に反省してるのか」と疑惑の目が向けられている。