剛力彩芽〝SNS恐怖症〟を乗り越え見せつけた美しさ&たくましさ

2020年10月02日 06時15分

イベントで笑顔を見せた剛力彩芽

 女優・剛力彩芽(28)は8月31日に18年間所属したオスカープロモーションを退社し、独立した。個人事務所「ショートカット」の社長としても活動する剛力は、美しさとともに、たくましさも増しているようだ。

 1日に都内で行われたLED美顔器「Exideal(エクスイディアル)」の新製品発表会の場で、剛力は独立後に初めて囲み取材に応じた。

 背中が大胆に開いた黒のドレス姿で登場した剛力は「世の中の状況で考える時間が増え、自分と向き合う中でエンターテインメントの表現の仕方が変わってくるかなと思った時に、自分の個性を大切にしたいなと思うようになった。SNSの時代でどこまでいけるか挑戦させていただきました」と独立した理由を語った。

 そんな決意通り、先月29日にはツイッターを開設。今までは公式には取り組んでいなかった。

「もともとSNSがすごく苦手なんですけど、より知っていただければ。どこまでの距離感でするのかが課題ですけど、ツイッターで情報発信していきます」

 テレビ局関係者は「剛力さんといえば、かつて事務所からプッシュされて露出が増えたことで、かえってネット上では〝ゴリ押し女優〟というレッテルに苦しんだ。そうした過去からSNSも苦手だったが、独立したからには向き合おうという覚悟を持ったといいます。復縁が伝えられている前澤友作さんらサポートする仲間からも助言されたことで、〝自ら発信する場〟の大切さを感じたとか」。

 この日のイベントでは〝神話女神占い〟を実施。剛力は「月の女神」と診断され、「優しさに満ちた癒やしの女神」「良妻賢母になる」という結果に。ZOZO創業者の前澤氏との関係を念頭に置いて、報道陣から「良妻賢母になるご予定は?」と聞かれたが、剛力は「私はなかなかなれない気がします」とし、「家庭を持つ予定はないです」と笑顔でかわした。