市川由紀乃が無観客コンサート開催 長州力パネルに向かって17曲熱唱!

2020年10月01日 21時00分

長州力ら観客に見立てたパネルに向かって熱唱した市川由紀乃

 演歌歌手・市川由紀乃(44)が1日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで「市川由紀乃 無観客リサイタル2020~わたしは由紀乃~」と銘打ったコンサートを開いた。

 毎年恒例の秋のリサイタルが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止が検討されてきたが、本人とスタッフらの「市川由紀乃の歌はもちろん、彼女の元気な姿も届けたい」との強い要望から無観客、有料生配信という形で行うことになった。

 市川は「配信という形にはなりますが、同じ日、同じ会場で皆さまに歌をお届けできるのがすごくうれしいです。何よりも今年は、このような大変な状況の中でも歌えるのがうれしいです」と笑みを見せた。

 客席にはファンから送られてきた写真をパネルにして置く演出。「照明が明るくなると、ファンの方々のお顔が浮かび上がるので、本当に皆さんの前で歌わせていただいているようで、いい緊張感と幸せを感じたステージになりました」という。その中にはプロレスラーの長州力のパネルも。この演出は新曲「なごり歌」のミュージックビデオで共演したのがきっかけで「長州さんのパワーをいただいているようで、気が伝わってきました」と話した。

 ステージでは新曲のほか、2015年発売のヒット曲「命咲かせて」「うたかたの女」など全17曲を熱唱した市川。「いま改めてファンの皆さんとのふれあいの大切さを実感しています。とにかく安全な状況で聞いていただける日が待ち遠しいです」と話した。