高知東生が執行猶予満了報告「僕の学びや経験を当事者や家族に捧げたい」

2020年09月30日 01時07分

高知東生

 2016年6月に覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕された俳優の高知東生(55)が29日、30日に執行猶予期間が満了することを報告。これに伴い自身が主演する依存症啓発ドラマを配信することを発表した。

 高知は「本日、2020年9月30日 無事4年間の執行猶予期間の満了を迎えることができました」と報告し「支えてくださった全ての方々に御礼申し上げます。また、僕の事件のためにご迷惑をおかけした方々に心よりお詫び申し上げます」とつづった。

 そして「執行猶予満了の日に、依存症啓発動画を公開することができ、大変有難く思っています。僕と再び映像の仕事をくださる方々に集まっていただけるとは思ってもいませんでした。しかし有難いことに、回復の道を歩く僕を、白石監督を始め多くの方々が応援して下さり、撮影に参加させていただくこととなりました」と謝意を表明。「僕の学びや経験を、今度は同じ依存症問題で苦しむ、当事者や家族のために捧げたいと思います」と〝復帰ドラマ〟への思いを吐露。「今日からまた、一日一日生き直す日々を送って参ります」と決意を示し、最後は自筆で「今日一日を感謝して 高知東生拝」と締めくくった。

 30日から配信される公益財団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」による依存症啓発YouTubeドラマ「みーんな、知らない依存症」は全3話。高知は謎の医師役で出演する。