伊勢谷友介容疑者を起訴 大麻使用時期「昨年9月から再開した」入手ルートは〝黙秘〟か

2020年09月29日 14時46分

起訴された伊勢谷友介容疑者

 自宅で大麻を所持した疑いで現行犯逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)について、東京地検は29日、大麻取締法違反罪で起訴した。

 同容疑者は8日、東京・目黒区内の自宅で乾燥大麻約7・8グラムを所持した疑い。自宅からは計20・3グラムの大麻が押収されていた。

 伊勢谷容疑者は調べに「大麻は自分が吸うために持っていた。当日の朝に吸った」と容疑を認めている。尿検査でも大麻使用の陽性反応が出た。


 また、使用時期について新たに「2019年の9月ごろから再開した」と供述していることが判明。一度やめてから、再び使い始めた可能性が高い。

 一方で大麻の入手ルートについては語らず、〝黙秘〟しているとされる。

 伊勢谷容疑者は必要な手続きが終わり次第、同容疑者は保釈される見通し。