DJ KOOが〝夫婦円満〟の大切さ強調「朝から気持ちを上げて元気に過ごす」

2020年09月29日 05時15分

左からDJ KOOと橘ゆりか

 トップDJのパフォーマンスは、睡眠に秘密があるのかも? モーニングコールセンター新サービス「有名人ボイス」のオンライン発表会が28日に行われ、ダンスボーカルグループ「TRF」のDJ KOO(59)、元アイドルグループ「アイドリング!!!」の橘ゆりか(27)が出席した。

 発表会では、1回50円からの料金で朝、電話をかけて起こすモーニングコールサービスや、有名人が本人の声で名前を呼んでモーニングコールしてくれる新サービスが紹介された。

 2人の声もモーニングコールに使われる。

 KOOは「DJとして声を使う仕事なので、それを使ってもらえて光栄」「憂鬱なことが多い時期、元気に過ごすのが大変だけど、朝から気持ちを上げて過ごせたら」とサービスについて語った。

 橘はアイドル時代を振り返り「自分の声を目覚まし時計に吹き込んで、お届けしたことはある。こうしたサービスで、企業などいろんな人に利用してもらえることはいい」と語った。

 科学的に分析すると、KOOの声は、人の耳に聞こえやすい周波数の3000ヘルツで、声のテンポはリズミカルに耳に届くという。

 それを聞いたKOOは「奥さんと付き合い始めた時に『KOOちゃんの声が好きなんだ』と言われた。これがまさに証明している!」とニヤリ。

「(音楽フェスの)a‐nationとかでかんで、何言ってるか分からなくなっても、皆がノッてくれるのはそういうことか」と納得している様子だった。

 また目覚めを良くするため心がけていることについて聞かれると、KOOは「奥さんと娘がいるから、ケンカした時はそれを収めてから寝る。気持ちをすっきりさせてから寝るようにしている」と明かした。熟睡のコツは、家庭円満にあるようだ。