田中みな実が2020年〝最も美しい人〟受賞「自分を好きでいられる生き方をしていきたい」

2020年09月27日 19時05分

「2020年〝最も美しい人〟」に選出された田中みな実。VOCE2020年11月号/講談社-撮影/中村和孝(まきうらオフィス)

 美容雑誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)は毎年開催している「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2020」の特別賞「2020年〝最も美しい人〟」に、女優の田中みな実(33)を選出した。27日夜に行われたVOCE公式インスタライブに田中が出演。同誌編集部がサプライイズ発表した。12月にオンラインで開催予定の贈賞式にも出席する。

「VOCE BEST COSMETICS AWARDS」は今年で創刊23周年を迎えた美容雑誌のパイオニア「VOCE(ヴォーチェ)」主催。数あるベストコスメのなかでも最も権威と反響があり、〝ビューティ界のアカデミー賞〟と呼ばれる。ヘアメークアップアーティスト、美容ジャーナリスト、医師、同誌編集部員からなる50人以上のビューティスト審査員が、2020年に発売したすべてのコスメに〝ヤラセなしのガチンコ採点〟を実施。その年の最も優秀なコスメを選出する。

 特別賞「2020年〝最も美しい人〟」の選出について「タレントや女優として幅広く活躍する一方、豊富な美容知識とたゆまぬ努力で、内外からの輝く美しさをVOCE誌上で表現し、読者から圧倒的な支持を獲得した、田中みな実さんに決定しました。特に現在発売中のVOCE1111号ではVOCE初表紙を飾り、自身によるプロデュース企画を敢行。大切な人との触れあいができず、歯がゆい思いを感じた人も多いであろう未曽有のコロナ禍において、誌面を通じて〝触れる〟をキーワードに雑誌の枠を超えて体温や湿度を感じさせる、美容の原点を深く掘り下げる企画となり、読者からも大きな反響を得たことも高く評価されました」としている。

 受賞した田中は「このような賞をいただき大変に光栄だと感じる一方で、本当に私でいいのだろうか……と気後れしております。賞の名に恥じぬよう、〝美しくありたい〟という気持ちに正直に、この先もずっと自分を好きでいられる生き方をしていきたいと思います。この度は誠にありがとうございます」と喜びのコメントを寄せた。

☆たなか・みなみ=米国生まれ。青山学院大卒業後、TBS入社。14年からフリーに。昨年発売したファースト写真集「Sincerely yours...』(宝島社)が大ヒット。10月から「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)がスタートする。