紗栄子 公衆手洗いを普及するプロジェクトを立ち上げ「手洗いの必要性や認識を高めてもらいたい」

2020年09月25日 12時24分

紗栄子

 タレントの紗栄子(33)が25日、都内で行われた「公衆手洗い推進パートナーシップ」発足記者発表会に登場した。

 イベントは、街中でいつでも誰でも無料で手が洗える〝公衆手洗い〟を社会に普及するプロジェクト「WELCOME WASH」の立ち上げを記念して行われた。

 紗栄子は被災地や養護施設などで支援活動を行っており、2019年には支援団体「Think The DAY」を立ち上げた。代表を務める紗栄子は「個人として2010年から台風時の農業施設での支援活動などを行ってきた。去年の台風19号で、個人として行っていくだけではなく、たくさんの人を巻き込んで支援活動をしていくということの必要性を感じた」と、立ち上げの経緯を明かした。

 また、同プロジェクトについては「さまざまな被災地や避難所で活動を行う中で、水の衛生面について考えさせられることが多々あった。このプロジェクトによって、改めて手洗いの必要性や認識を高めてもらいたい」と話した。