ロンブー淳 曲者揃いのコメンテーター陣に「猛獣を扱うのは得意なんで」

2020年09月25日 05時00分

ワイドショー特番のMCを務める淳

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(46)が、読売テレビの特番「世界一やさしいワイドショー」(26日午後2時55分=関西ローカル)に出演する。

 MCの淳のもと、コメンテーターとして登場するのは元衆議院議員・宮崎謙介、女優・声優の春名風花、タレントのダレノガレ明美、ボクシング亀田三兄弟の父・亀田史郎氏という過去にいろいろと世間を騒がせた面々。「世界一やさしいワイドショー」なので、あえて否定的な意見はなく、バッシング経験者だからこその〝やさしい目線〟で、叩かれる芸能人にアドバイスを送る。

「今年も芸能界で不倫報道相次ぐ」とのニュースでは、亀田氏が「不倫はやってはいけないこと」とぴしゃり。だが、「100%の人間はおらん」と理解を示し、今後にエールを送った。

 一方で、ダレノガレは「そもそも男性は浮気するもの」と冷静で、今回の不倫騒動を女性側の目線で分析。もはや〝専門家〟の宮崎は、今や世の当事者から相談が寄せられるようになったと明かし、不倫の悩みは2パターンあると炎上すれすれの持論を展開。自身も実践した立ち直り方をアドバイスした。

 そんなコメンテーター陣について、淳は「比較的こういう猛獣を扱うのは得意なんで」とニヤリ。「もっと暴れてもらってもよかったかなと思ったけど、みんな今回は〝やさしいモード〟で来てたので、世間が思ってるようなクセのある感じはなかったですね」と話した。

 番組については「新しいワイドショーが始まったなって感じがしましたね。ただ、これが世間の皆さんにどういう風に受け取られるかは不安ですけど」としつつも「偏向しちゃうテレビの業界の中で、今までと違った視点を持つっていうことの大切さみたいなものを、番組を通じて訴えられたらと思うので、その辺を意識しながら見ていただけるとうれしい」と見どころをアピール。

 続けて「『違う見方もありますよ』っていう番組を、みんながどういう風に捉えるのかもすごく興味がありますし。辛らつなコメントとか感想もお待ちしてますので、ぜひ番組をご覧になって本音でコメントしていただきたいなと思います(笑い)」と視聴者の反応を楽しみにしている。