百田尚樹氏 作家引退を示唆?「小説書くの飽きたわ」

2020年09月24日 15時28分

百田尚樹氏

 作家の百田尚樹氏(64)が24日、ツイッターで作家引退を示唆した。

 百田氏は「小説書くの飽きたわ。マジでフェードアウトしよう」と投稿した。

 百田氏は8月25日の投稿で「次に出す本が重版しなかったら引退すると決めていた」と宣言。その時点で「最新作の『地上最強の男』、『幻庵』は現在、重版なし」と報告していた。

 この時の投稿では「私はデビューした時に、3冊連続して重版しなかったら引退すると決めていた」ともつづっている。