「再犯かよ…」元ヒスブル〝ナオキ〟が強制わいせつ致傷容疑で逮捕

2020年09月23日 21時49分

かつては紅白歌合戦にも出場した二階堂容疑者だが…

 鬼畜の所業というほかない。帰宅途中の20代女性にわいせつ行為をしようとして負傷させたとして、埼玉県警朝霞署は23日、強制わいせつ致傷の疑いで、2004年に解散した3人組人気バンド「Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)」の元ギタリスト・二階堂直樹容疑者(41)を逮捕した。

 二階堂容疑者は7月6日、埼玉県・朝霞市の路上で背後から女性の口をふさいで押し倒した上、右ひじに1週間のけがをさせた疑い。女性が抵抗したため逃走していたが、同11日に弁護士を伴って自首していた。

 2004年の解散まで「ナオキ」の名で音楽活動していた二階堂容疑者は、2003年に東京・目黒区や大田区で女性8人に乱暴するなどして、強姦・強制わいせつなどの容疑で逮捕され、2006年に懲役12年の実刑判決が確定し服役した。ヒステリック・ブルーは1997年に結成し、1999年にはNHK紅白歌合戦にも出場した。

〝ヒスブル〟のファンだったと思われる人たちからはネット上でも「再犯かよ…」と失望の声が多く寄せられている。