コラムニスト小田嶋隆氏 山口容疑者の酩酊運転は「自殺企図に近い」

2020年09月23日 14時25分

 コラムニストの小田嶋隆氏が22日、ツイッターを更新し、酒気帯び運転で現行犯逮捕された元TOKIOの山口達也容疑者(48)の酒量を危惧した。

 自身もアルコール依存症に苦しんだ経験がある小田嶋氏は「酒を飲んで二輪車を動かしたことのある人間なら知っていることだが、軽い酩酊で、しっかりとよろけずに歩ける状態であっても、バイクをまっすぐに走らせることはほぼ不可能だったりする」と指摘。


 山口容疑者は22日、酒を飲んでバイクを運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。東京・練馬区でバイクを運転中、信号待ちの乗用車に追突。駆け付けた警察官が呼気検査をしたところ、基準値を大幅に超える0.7ミリグラムのアルコールが検出された。

 これに小田嶋氏は「基準値の5倍のアルコールを摂取した状態でバイクに乗ったのであれば、ある意味自殺企図に近い。心配だ」と、同容疑者の精神状態を危惧した。