小島慶子 感謝より遠慮の心に嫌気「だんだん連絡しなくなる」

2020年09月22日 19時12分

小島慶子

 元TBSアナウンサーでタレント、エッセイストの小島慶子氏(48)が22日、ツイッターを更新。些細な日常のワンシーンについて自身の見解をつづった。

 小島は「何か送ると『有難う』ではなく『そんな、悪いわ。ごめんね』と大げさに言う癖がある親戚がいる」とし「悪くないと何度言っても『でも悪いよ、高いんじゃないの?』としつこく言う」とよくあるやり取りを紹介。

 続けて「悪くないし高くない。本人なりの喜びの表現のようなのだが、毎度これやるのが嫌で、だんだん連絡しなくなる。遠慮より感謝」とした。

 小島は連投で「なお、私の親戚関係や具体的にどのような状況でなにを送ったかをご存知でない方からの『ホントはこうかもよ』は予めお断りしますね」とフォロワーたちにくぎを刺した。