しょこたんの母・中川桂子さん 愛猫に顔傷つけられるも「翔子が怪我しなくて本当に良かった」

2020年09月22日 11時29分

中川翔子

 個性派タレントの〝しょこたん〟こと中川翔子(35)の母・中川桂子さん(54)が21日、ツイッターを更新。愛猫に顔を傷つけられて外出ができなくなったと報告した。

 桂子さんは「なにかを落として興奮した猫たちがテーブルにジャンプし ペットボトルが私の顔を直撃し額と鼻が切れて血だらけ 今翔子に傷パッド貼ってもらいましたがしばらく外出できません」と、愛する猫ちゃんたちが原因で負傷したことを明かした。

 そして22日には「ご心配かけてすみません 犯人たちは可愛いから怒れません。翔子に怪我なく良かったです。私は今更顔に怪我しても無問題です」と投稿。娘とともに大の愛猫家として知られており、ネコちゃんファーストを貫いた。

 さらに「翔子が怪我しなくて本当に良かった! 一生懸命傷パッド貼ってくれたけど鼻の傷からずれてた笑 額は傷があっても隠せるかもだけど鼻は悪役になるから貼り直しする。気持ちはしっかりもらったよ」とツイート。自分のことは差し置いて、人前に出る仕事の娘を思いやった。

 夫の人気ミュージシャン・中川勝彦さん(享年32)が白血病で死去し、桂子さんはショーパブのママとして、女手一つで翔子を育ててきた。情に厚く、当時極貧生活を送っていた18歳のLiLiCo(49=現映画パーソナリティー)を雇い、売れっ子に導いたエピソードは有名。なお、店はコロナ禍で6月末に閉店したという。