ミキ・昂生「とうとう手にしました、東京ドリーム!」初声優の仕事に大喜び

2020年09月21日 17時32分

ミキ・亜生(左)と昴生

 お笑いコンビ「ミキ」(昂生=34、亜生=32)が21日、都内で行われた「トロールズ ミュージック★パワー」の完成披露イベントに登壇。イベントは無観客で行われ、オンラインで生中継された。

 同作は、不思議な妖精たちが歌って踊る姿を描いたドリームワークスの最新作3Dアニメーション。ミキは声の吹き替えを担当した。アクリル板で隔てられた中、初の声優の仕事となった昂生は「とうとう手にしました、東京ドリーム、声優の道」と喜びを露わにし、亜生は「私は2回目の声優で少し緊張していますが、楽しい作品になっています」と語った。

 同作の撮影中の思い出を問われた昂生は「初めての挑戦で、声を撮るって仕事も今までなかった。すごい緊張感の中、撮影を行ってました」とし「トロール(役)になりきって撮影を行ってたので、その日1日、昂生を忘れちゃってました」と明かした。

 声優の仕事が2回目となる亜生は「作品をしっかり見て勉強しました。世界観を崩したらアカンと思って」と声優の役作りは完璧の様子。そんな亜生は昂生に対してアドバイスを送ったそうで「『自分を捨てて、読みながらではなく文字を完全に頭に入れてから撮影。キャラに成りきるのではなく、成るを意識して』と彼に言いました」と説明。これに昂生は「アクリル板なかったら今シバいてるからな」とツッコミを入れ、笑いを誘った。