〝イモト化〟華原朋美 2日で5本のハイペース投稿も心配の声「目がやばい」

2020年09月18日 20時10分

ユーチューバー華原朋美

 今月16日にユーチューバーデビューした華原朋美(46)がハイペースで動画を量産している。

 華原は昨年8月下旬に第1子となる男児を出産。先月31日付で所属事務所のプロダクション尾木を退社し、フリーになった。封印が解かれた華原は早速ユーチューブチャンネルを開設。イモトアヤコを思わせる太眉メークで16日に第一声を上げたあとは、2日で5本という異例のハイペースで動画を量産している。

 基本的にはファンの質問に答える形で進行し、17日には直前にスタッフで会議を行い「やる気のあった人が1人辞めた」と報告。スタッフはまだいるので「問題なし」と明かした。

 一部で報じられた薬物疑惑にも反論。睡眠薬や精神安定剤を過去常用していたことは認めているが「妊娠が分かってからは必要なくなった」「子供が夜中に起きたりするので心配で飲んでいられない」などと否定した。

 17日夜には5本目の動画を投稿。「音楽活動に復帰するのか?」という質問に「最近、家でボイトレしてるんですけど、声がものすごく調子が良くなって」と語ったまでは良かったが、次の質問選びが難航。「えーっと…」と長考したあと、謎のVサインを繰り出し「ははは! もう、自分でもよく分かんない、やってること。すいませんでした」と詫びた。

 さらにファンが歌手活動を再開した際には、持ち歌である「daily news」を〝待望〟していることを喜んだ華原は、その場で同曲のサビ部分を歌い始めたが、音程が合わず、即終了。華原は「すいません。何か記憶力がちょっと弱まってしまって…」とうつろな目で釈明した。ろれつの回らない場面もあり、ファンからは「大丈夫ですか?」「少し休んだ方がいい」と心配する声が上がっている。

 華原を知る音楽関係者は「ヤバイ時の雰囲気に近づいている。誰か本人に注進できる人はいないのか」と気をかける。

 おかしなことにならなければいいが…。