【ミス・アース】グランプリはお茶の水女子大・東出あんなさん「将来は大学院で植物の研究」

2020年09月16日 20時29分

グランプリの東出あんなさん

 世界4大ミスコンのひとつ、「ミス・アース」の日本大会が16日に都内で行われ、お茶の水女子大理学部2年で埼玉代表の東出あんなさん(20)が、応募総数約2600人の中から「2020ミス・アース・ジャパン」に輝いた。

 ファイナリスト29人がそれぞれの個性を出したカジュアルウエア、水着、ドレスの審査やスピーチを行い、大会は新型コロナウイルスの影響で観客を入れずにオンライン配信された。

 東出さんはスピーチで「グランプリを取る!」と堂々宣言していただけに、まさに有言実行だ。「2020ミス・アース・ジャパン」に輝いた要因を聞かれると、「グランプリを取るために自己分析して、直すべきところを直してきたのがよかったのかな」。続けて「涙が出るかと思ったけど、それより感謝の気持ちがあふれた感じ」と話すと、この日のために二人三脚で対策してきた双子の妹への感謝を口にした。

 東出さんは身長167センチ、B75・W56・H84と抜群のスタイルを誇る。過去の「ミス・アース・ジャパン」出場者には芸能界入りした人も多いが、東出さんは「生物学科で勉強しているので、将来は大学院で植物の研究をしたい」。地球環境保護をテーマに掲げる「ミス・アース」の日本代表らしい目標を掲げた。