田原俊彦が明かすキングカズとの“固い絆” 20年間、欠かさずディナーショー参加 

2020年09月16日 16時00分

三浦知良(左)と田原俊彦

 田原俊彦(59)の独占直撃インタビュー後編は、さらにヒートアップ。サッカー界のレジェンド・三浦知良(53)との意外な交流や、芸能活動のエンディングについて赤裸々に語った。コロナの影におびえ、コンプライアンスに縛られて萎縮ムードが漂う令和の時代に、エネルギー全開で暴れ回るトシちゃんの生き様はまさに「ハッとして!Good」だ。

 ――ジャニーズ事務所を辞めて20年以上たった

 田原 僕は33という年齢で決断して一人で歩き始めましたが、結果的にはよかったと思います。大手の事務所から離れてそこで終われば僕もそこまでの男ですし。ファンの方がいつまでも支えてくれたおかげでね。長い期間かかりましたけど、今も存在できているのは自分でもよくやったと思いますね。

 ――Jリーグ・横浜FCの三浦知良選手と親交があるとか

 田原 昔からなぜか「トシさん、トシさん」って追っかけてくれてね。うれしいですよね。

 ――きっかけは何だったんですか

 田原 1988年ぐらいかな。うちのプロデューサーとどこかの店で一緒になったみたいで、僕が静岡にコンサートに行った時に来てくれたんですよ。その時はまだ無名だったんですが、2、3年してから大活躍してて、なんかこの選手見たことあるなと思ったら「あのときの子だ!」って(笑い)。毎年、ディナーショーにも来てくれる。一緒にステージにも立って歌います。

 ――三浦選手が一緒に歌うんですか

 田原「今年はこの歌をやるから」と言うと自分でカラオケに行って練習してくれて、リハもなしで本番バチッと決めてくれる。ディナーショーでは20年ぐらい歌ってくれているんじゃないかな。イタリアやブラジルやグアムにいてもクリスマスは必ず飛んで帰ってきてくれるというのが彼の中で掟みたいになっているみたいです。ハハハハハ。

 ――三浦選手の存在は田原さんにとってもいい刺激になっている

 田原 そうですね。いつまでも頑張ってほしいなと思います。半月板がなくなるまでずっとやるんじゃないですか。それぐらいの気持ちでいると思うし。

 ――田原さんはいつまでステージを続けますか

 田原 僕も同じですよ。今は足が上がるけど、いつか踊れなくなっちゃう日が来るかもしれない。それまではやり続けたいね。65まではやりますよ。沢田(研二)さん、ジュリーさんは72歳でしょ。それでもあれだけ声が出るんですよ。そういった意味ではいい先輩、お手本がいるので。65までカウントダウン入るけど、あと5年はまだバリバリいきたい。そのためには日々の鍛錬をしとかないといけないなと思います。今も若い時と同じ原曲キーでやってますけど。

 ――10代、20代のころと同じキーで?

 田原「哀愁でいと」も「NINJIN娘」も「抱きしめてTONIGHT」も原曲キーでやってます。結構きついです。昔のシングル曲を聴いてみんな、あのころを思い出すというのがあるじゃないですか。懐かしい曲たちはそのままみんなに提供するようにやってます。

 ――しかし59歳には見えませんね

 田原 でしょ?(笑い)。あそこもびんびんだよ!

 ――田原さんといえば「教師びんびん物語」ですからね。でもコレ書いていいんですか?

 田原 いいよ、東スポだもん。そのくらいいかなきゃダメでしょ。まだまだいきますよ。攻めますよ。

 ――先日も、真っ赤なポルシェに美女を乗せているところをフライデーされてましたが

 田原 ホントに? あれは(自分のモノマネをしている)コロッケじゃないの? オレか? ハハハハハ。男の友達が少ないのでね。女性の友達の方が多いので本当に僕は恵まれてます。いつまでも現役でありたいなと思います。

 ――男の憧れですね

 田原 でもそれをなくしたらだめじゃないですか。「いいものが欲しい」「いい思いがしたい」「いい服を着たい」「いい車に乗りたい」「いい女と遊びたい」というのは男の追いかけるべきロマンでもあるので…。それがなくなったら引退しろという話になる。まだまだ現役で歌って踊っている間はモテたいじゃないですか。ハハハハハ。65までやると言ったけど70まではやるからね!

 ◆田原俊彦の今後のコンサート日程
9月16日(水)愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
9月26日(土)埼玉・越谷サンシティホール
10月17日(土)大阪・岸和田市立浪切ホール
10月24日(土)東京・中野サンプラザホール
11月6日(金)大分・iichikoグランシアタ
11月7日(土)福岡・北九州ソレイユホール

 ☆たはら・としひこ 1961年2月28日生まれ。山梨県出身。高校卒業後の18歳の時に上京し、ジャニーズ事務所所属。80年に「哀愁でいと」で歌手デビューし、一躍トップアイドルに。「教師びんびん物語」(フジテレビ系)など俳優としても多くの作品に出演。94年にジャニーズから独立。「トシちゃん」の愛称で今も最前線で活躍している。