安藤サクラ 元気の源は「私らしく〝やっちまう〟」の精神

2020年09月15日 17時00分

安藤サクラ

 女優の安藤サクラ(34)がスキンケアブランド「ベネフィーク」のイメージキャラクターに就任し、15日、オンラインで行われた発表会に登場した。

 ブラックとブラウンのドレス姿で現れた安藤は、普段の肌ケアについて「コロナの自粛期間中にスキンケアを始めたというくらいだった」「化粧品より〝泥〟がついている時間が多い生活だった」と無頓着だったと明かす。

「泥」が指すのは、映画の撮影時などのメイクやドーランのことを言うのか分からないが、独特の表現で謙遜した。

 私生活では、夫で俳優の柄本佑(33)との間に授かった3歳長女を育てている。

「家族の形が変わった時が、大きい変節点になった。何かが大きく変わる時、自分も変わっていってそれを受け入れていくのを大事にしている」と生活の変化への順応を心がけているようだ。

 ママとして妻として女優として奮闘する日々が続く。「自分の本能が求めているような、土を触ったり、裸足で木に登ってみたり、自分が求めていることを私らしく〝やっちまう〟のが元気の源」とほほ笑んだ。