松本人志が伊勢谷容疑者の容姿に警戒「またカッコいい感じになっちゃうぞ、大麻」

2020年09月13日 11時27分

松本人志

  13日放送のフジテレビ系情報ワイドショー「ワイドナショー」でMCのダウンタウン・松本人志(57)が、先日逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)について私見を語った。

 松本は、8日に東京都目黒区内の自宅で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕された伊勢谷容疑者の容姿に着目し「見てくれがいいでしょ。この罪が僕はあると思う」としたうえで「どうせ警察署の前で、黒いスーツに身を固めて謝罪するんでしょ。この姿もカッコいいよね。その時にチャック全開にしとかないと、アカンと思う。またカッコいい感じになっちゃうぞ、大麻」と指摘。

 伊勢谷容疑者の逮捕により関係各所で対応に追われている。そのなかでも伊勢谷容疑者が出演し、女優の吉永小百合(75)主演の映画「いのちの停車場」(来年公開予定)について、伊勢谷容疑者のシーンはカットせずに上映される。

 芸能人の逮捕とセットに出てくる“作品に罪はない”という論調に松本は「例えば自分がシャブをガンガンやって、コント10本作ったら、何本かスゲー名作生まれると思う。それでも作品に罪はないの?」と納得のいかない様子。松本はこの事件が映画のプロモーションにもなっている可能性を示唆し「すごくいい宣伝になる。ピエール瀧の『麻雀放浪記』覚えちゃったからね、普通やったら知らんもん」とした。

 番組内では犬塚浩弁護士(59)が伊勢谷について「おそらく20日間くらいの勾留で保釈。執行猶予付きになると思う」と予測すると、松本は「マスコミが大騒ぎするけれども、結局は“しょんべん刑”ですよ。しょんべん刑って禁錮1~2年をしょんべん刑って言うんですって。だからしょんべん刑以下ですよ!“残尿刑”くらいですよ!」と強調した。また「マスコミが大騒ぎするけど、あおるほどの罪じゃないことを分かっている」としたうえで、「そのバランスの悪さを感じている」とモヤモヤする心情も語った。