香取と三谷のトークに佐藤二朗が参戦「この時間まで晩酌してないのは奇跡」

2020年09月12日 21時34分

左から三谷幸喜、香取慎吾

 俳優の香取慎吾(43)が主演するAmazonオリジナルドラマ「誰かが、見ている」の先行ユーチューブライブ試写会が12日に行われた。

 香取と脚本家の三谷幸喜(59)がタッグを組んだシットコム(シチュエーションコメディ)作品が18日からAmazonプライムビデオで全8話一斉配信される。

 オンラインで1話終了後には、共演の佐藤二朗(51)が参加し、3人でトークを展開。三谷は「スペシャルゲストいるんですけど、まだまだ、呼ばないおきましょうか」と、佐藤に〝おあずけ〟を食わせると、佐藤は「なんでだよ!」と強めの口調でツッコミ。

 無視のふりをする香取にも「慎吾君、かまってよ。おい慎吾」と懇願。何とかトークに参加すると、佐藤は「私がこの時間まで晩酌してないのは奇跡ですよ」と軽口を叩く。

 香取は「二朗さんのテンションが面白い。本番のテンションですよね」と、力が入る佐藤をいじった。
 佐藤は今回のドラマ撮影には、かなり意気込んでいたそう。

 三谷は「自分で引っ張るって感じでしたよね。『俺に任せろ、三谷』って言ってたよね」と言うと、佐藤は「(先輩にタメ口を言う)そんなこと、言うわけないじゃないですか!」と大焦り。でも、いざ本番となると「開始7秒ぐらいでセリフ間違えました」と自虐ネタで笑わせた。