三浦春馬さんへの思い込め、岸谷・寺脇の「Act Against Anything」開催

2020年09月11日 16時02分

刑事ドラマ仕立てのコント「PPAP」を披露する前列左から三浦さん、寺脇、岸谷とピコ太郎(後列)

 7月18日に死去した俳優・三浦春馬さん(享年30)が取り組んでいたチャリティーイベントが、12月1日に東京・日本武道館で「Act Against Anything VOL.1『THE VARIETY 27』」として開催されることになった。

 岸谷五朗(55)の呼びかけで、エイズという病についての啓発を目的に、1993年からスタートしたAct Against AIDS「THE VARIETY」は、賛同したアーティストが集まり、毎年12月1日の「世界エイズデー」にイベントを開催。近年では岸谷五朗、寺脇康文(58)、三浦春馬さんが中心となり、日本武道館で、チャリティーライブを開催してきた。

 今年からは新たに名称を「Act Against Anything」と改め、エイズ以外にも幅広い支援を視野に入れていくことになった。主催者は、新しく生まれ変わった同イベントについて「今年は岸谷五朗・寺脇康文が三浦春馬への想いを込めてお届けします」と発表している。