金子勝氏 日本のコロナ対策「東アジア劣等生」「たかがコロナと言い放ったが…」

2020年09月09日 18時43分

金子勝氏

 経済学者で立教大学特任教授の金子勝氏が9日、ツイッターを更新。新型コロナウイルス感染症に関して、日本の現状をつづった。

 同日、東京都内の新型コロナの新規感染者数は149人で、6日連続で200人以下を下回った。また都内の重症患者数については、前日から3人増の24人となった。

 金子氏はこうした感染状況に「【東アジア劣等生】」と題してツイート。「東京都の感染者数が149人、重症者も3人増えて24人に。相変わらず、この猛暑の中でもジワジワ感染が続く」と指摘した。

 続けて、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会を名指しし「分科会オカベはたかがコロナと言い放ったが、気づけば、死者数は1413名。人口100万人あたり死者数は11名。韓国7人、中国3人、台湾0・3人で最悪」とした。