小倉智昭 伊勢谷友介の大麻逮捕に「海外での生活の中でたばこのような感覚で覚えたのでは」

2020年09月09日 08時52分

伊勢谷容疑者

 9日放送の朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ)では、8日に大麻取締法違反の疑いで逮捕された俳優・伊勢谷友介容疑者(44)の話題を取り上げた。

 司会者の小倉智昭(73)は「彼は留学経験がある。海外での生活の中でたばこのような感覚で大麻を覚えたんじゃないか。想像ですが」とコメント。「リビングに置いておくなんて罪の意識が薄いと思うしかない」とズバリ指摘した。

 伊勢谷容疑者は「弁護士が来てから話す」と認否を明らかにしていないが、法科学研究センターの雨宮正欣所長は「パケを使った分け方などを見ると、大麻の取り扱いに非常に慣れている。常習性は高いと考える」と話した。

 普段から環境問題に取り組むと大言壮語していた同容疑者は8年前、ツイッター上で、大麻解禁について議論する中で「大麻で人生崩壊するのは難しいと思うけどな。それならお酒の方が簡単だ」とつぶやいている。

 警視庁組織犯罪対策5課が、角度の高い情報から内偵捜査を経て、8日午後に自宅を捜索。リビングの机の引き出しの中からビニール袋入りの大麻20・3グラム、および吸引具が発見された。