〝時計好き〟竹内涼真が憧れゼニスの〝顔〟に「出会いは運命」

2020年09月07日 15時12分

ゼニスアンバサダーに就任した竹内涼真(提供写真)

 俳優の竹内涼真(27)が、1865年創業のスイスの高級時計ブランド「ゼニス」の日本におけるアンバサダーに就任した。

 ゼニスは新ブランドフィロソフィーに「TIME TO REACH YOUR STAR」(最も高い、あなたの星をつかむために)を掲げている。竹内の挑戦し続ける姿がこのフィロソフィーを体現しているとして、アンバサダーに選ばれた。

 竹内は「父の影響で時計が好きになり、初めてブティックを訪れた学生の時からゼニスには憧れていました。自分自身では30歳くらいまでには本格機械式時計が欲しいと思っていたところ、今回、ゼニスのアンバサダー就任のお話をいただき、率直にうれしかったです。特にエル・プリメロ(ゼニスの人気時計)のストーリーのような、進化を続ける姿勢と、世界と渡り合えるような俳優になるという僕の夢は重なります。最近、時にまつわるドラマや映画に出演することがあり、ゼニスとの出会いは運命のような気がします」とコメントした。