元ボートレーサー曾根孝仁がタレント転身 タイタンとマネジメント契約

2020年09月07日 12時00分

元ボートレーサーでタレントに転身した曾根孝仁-(タイタン提供)

 元ボートレーサーの曾根孝仁(38)がタレント転身し、お笑い事務所「タイタン」とマネジメント契約を結んだことが7日、分かった。

 曾根は愛媛県出身で2003年9月(93期)に選手登録。17年間のプロ生活を経て、2020年6月に引退した。
 第二の夢は「お笑いがしたい!」。なんと、ボートレーサーからお笑い芸人への転身を決意。タイタンはお笑いなどを学ぶカルチャースクール「タイタンの学校」を運営しているが、曾根はその学校の3期生として、現在、お笑いも勉強中だという。

 曾根は多摩川ボートレース場の出場5節連続で6本フライングという前代未聞かつ唯一無二の記録を持つ勝負師?でフライング休み期間中には、ホスト、ビールの売り子、治験、スカウト、配送員、など、様々なアルバイトを経験するなど、人生経験も豊富だ。

 今後は芸人の勉強をしながら、ボートレースの解説業やユーチューブチャンネル「ソネちゃんTV」も運営していく予定だという。