ゆきぽよが次期首相に菅氏を猛プッシュ〝小学生の頃握手してくれて以来大好き〟

2020年09月06日 16時10分

ゆきぽよ

 タレント、モデルの“ゆきぽよ”こと木村有希(23)が6日のTBS系「サンデー・ジャポン」で自民党総裁選挙に立候補を表明している菅義偉官房長官(71)を猛プッシュした。

 この日は爆笑問題・田中の代役MCとして霜降り明星・せいや(27)が登場。ゆきぽよに「誰が総理になってほしいか?」と聞くと、ゆきぽよは「やっぱり菅さんしか勝たんって感じです」と即答した。

 小学生のころ、近所に張ってあった「わたしはブレない」というポスターで「偉い人」と認識していたというゆきぽよ。地元の駅前で街頭演説していた菅氏に手を振って近付いたら、握手してくれたというエピソードを明かし、それ以来菅氏のことが大好きだという。

 菅氏を「安倍首相と二人三脚でやってきた」と評し、「このまま総理になったらコロナ対策とか東京五輪もスムーズに進めていってくれるんじゃないかな」と期待を寄せた。

 この日は元衆議院議員のタレント・宮崎謙介氏(39)も出演。「もし菅氏が首相になったら日本はどう変わるか」というせいやの質問に「携帯電話の料金が安くなる」と予想。菅氏が以前から諸外国との料金格差是正を訴えていることを挙げ、これに元衆議院議員の杉村太蔵氏(41)も賛同し「NHKの受信料や電気料金も下がるかも」とコメントした。