三浦春馬さん笑顔満載の〝せかほし〟総集編 ネットでは喜びと悲しみの声

2020年09月04日 00時11分

三浦春馬さん

 7月に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)が出演していたNHKの紀行番組「世界はほしいモノにあふれてる」が3日、放送された。

 やり手バイヤーとともにに世界各地を巡り、食やファッションなどといった「素敵なモノ」を探していく紀行番組〝せかほし〟は2018年4月に放送開始。司会は三浦さんと歌手のJUJU(44)が務めている。

 この日は「感謝祭SP」と題した総集編集。初回の〝幸せ運ぶスイーツ〟や最高のブーケを探す旅など、2年半で34か国を巡った旅の様子が映し出された。

 三浦さんとJUJUの軽妙なやりとりが多く映し出された。フランスのメガネの放送回ではスタジオで三浦さんがメガネを使った即興劇に挑戦。とっさのセリフを求められた三浦さんは「基本的に俳優は台本がないとダメ」と笑いを誘うシーンなどが紹介された。

 三浦さんの笑顔が印象に残る内容だったこともあり、ツイッターでは「幸せそうなこの笑顔を2度と見られないなんて」「悲しくて見てられない」「今でも春馬君は生きてると思う」など、改めて三浦さんの死を惜しむ声が多く寄せられた。