〝アラフォーの星〟熊切あさ美 崖っ縁からクレオパトラに大復活

2020年09月04日 00時00分

金ピカのクレオパトラになった熊切あさ美

 タレント・熊切あさ美(40)が韓国の人気コスメ「クレイジーモンキー」が日本初上陸するにあたり、イメージキャラクターに選ばれた。出演するCMではド派手な全身ゴールドの〝クレオパトラ〟になる。

 かつて崖っ縁アイドルとして一世を風靡した熊切は今年、まさかのグラビアで見事な大復活を遂げた。16年ぶりの写真集、10年ぶりのDVDはバカ売れ。「とても40歳には見えない美しいカラダは健在で、いまや〝アラフォーの星〟となっています」(芸能関係者)

 そんな熊切に目を付けたのは、2010年の発売以来、100万本も売れている人気コスメ「クレイジーモンキー」の独占正規代理店契約を結んだ千味堂。テレビCMは18日から流れる。

 先行公開されたイメージ写真を見ると、ミニのボディコンで美しいボディーラインを披露しているのだが…なんと全身が金色だ。髪の毛も肌もボディコンもサンダルもゴールドに輝いている。どことなく多くの人がイメージするエジプトの女王・クレオパトラっぽい。しかも、手には金の鉄砲を持っており、謎が多く残されたCMに仕上がっているようだ。

 熊切は「一歩一歩諦めずやってきて良かったです。特殊メークで全身金にメークして撮影しました(笑い)。昔は年を取るのが怖かったですが、最近は今をとても楽しんでいます! まだまだ頑張りますので、これからも応援よろしくお願いいたします」とコメント。

 グラビアを機に、急激にテレビ出演などの露出が増えている熊切の快進撃はまだまだ始まったばかり。今回のインパクト大のCMも大きな話題になりそうだ。