片岡鶴太郎が日本酒メーカーとコラボ ラベルデザイン用の「尾瀬の水芭蕉」描く

2020年09月03日 15時42分

片岡鶴太郎

 タレントの片岡鶴太郎(65)が3日、都内で行われた日本酒「MIZUBASHO Artist Series 片岡鶴太郎」発表記者会見(永井酒造主催)に出席した。

 群馬県尾瀬の環境保全をコンセプトにした日本酒「MIZUBASHO~」の3種類(スパークリング酒、スティル酒、デザート酒)は、売り上げの5%が、水芭蕉の栽培などのプロジェクトに寄付される。新商品とのコラボで、片岡はラベルデザインに反映される「尾瀬に咲く水芭蕉の花」を描いた。

 有名な尾瀬の水芭蕉は以前から描いてみたいと思っていたモチーフで「直々に社長からオファーがあり、実現しました」という。

 墨絵が多い鶴太郎だが、今回は油絵で挑戦した。「私は油絵の時は筆を使わないんです。筆の跡が残るのが気になるので。すべて指で描きました。水芭蕉の季語は夏。和花というか、清楚な感じですよね。イメージを損なわないように描こうと思いました」と説明する。

 最後に「夏は純米大吟醸を冷やして飲むんですが、冬は燗酒にするんです。お燗にするのは邪道と言われるかもしれませんが、とんでもございません。香りが立つんですね。だから、僕は1年中『水芭蕉』を飲みます」とアピールした。商品は10日発売。