豊胸&大麻謝罪のてんちむ 昨年9月にも〝余罪〟「痩せる注射」紹介で大炎上

2020年09月03日 15時14分

炎上ユーチューバーのてんちむ

 ユーチューバーとして活動するタレントのてんちむが大炎上している。

 2日、自身の公式ユーチューブチャンネルを更新。豊胸の事実を隠してバストアップ関連商品の宣伝&プロデュースを行っていたことを謝罪した。

 てんちむはこれまで自分の努力でバストサイズをAカップからFカップに成長させたと主張し、下着やサプリなどの宣伝、プロデュースを行っていた。だが、同じユーチューバーのかねこあやとの〝暴露合戦〟で、過去に豊胸手術を受けていたことが発覚。さらに過去の海外旅行時に大麻を使用したことも明かされた。

 これを受け、てんちむは豊胸の事実を認め謝罪。関与したバストアップ関連商品については自腹返金を宣言し、大麻吸引に関しても「極めて軽率な行動だったと深く反省しております」と頭を下げた。

 ネット上でもっか大炎上するてんちむだが、この手の〝お騒がせ〟は過去にもあった。昨年9月には「痩せる注射を1ヶ月打ったら痩せるの?」と題した動画を投稿。医師同席のもと、糖尿病治療薬、いわゆるインスリン注射と呼ばれる「ビクトーザ」を「やせ薬」として扱い、それを1か月間打ち続けると宣言した。

 しかしこの「ビクトーザ」は2型糖尿病治療に使われ、食事によって高くなる血糖値を抑える働きがあり、用法用量を守らずに使うと低血糖などの重篤な副作用が出る危険があった。

 案の定、ネット上では「身体ボロボロになる」「世に広めるべきではない」と批判が殺到。てんちむは問題の動画を削除した。

 繰り返される〝炎上商法〟。今回の豊胸&大麻吸引謝罪でも、同じユーチューバー仲間のシバターはバストアップ商品を自腹返金する条件として、てんちむが購入を証明する領収書の提示を求めたことに関して「2年前にブラ買って、その時の領収書を持ってる奴なんて個人事業主だけだ。おまえ返金する気あるのか!」と疑惑の目を向けている。