乃木坂46齋藤飛鳥、生田絵梨花、遠藤さくらが新カップスターCMで豪快な食べっぷり

2020年08月31日 04時00分

乃木坂46のカップスター新CM(左から遠藤、齋藤、生田)

   人気アイドルグループ「乃木坂46」生田絵梨花(23)、齋藤飛鳥(22)、遠藤さくら(18)出演の新CM「カップスター ハマっちまう 乃木坂46篇」が本日31日から全国で放送が開始される。

 サンヨー食品株式会社は主力カップめんブランドの「カップスター」の味、パッケージ、各フレーバー名をリニューアルし、この日から発売。新CMでは、生田、齋藤、遠藤が新しくなった「カップスター」を一心不乱に食べ続け、スープまで飲み干した後「ハマっちまう」とひと言。豪快な食べっぷりが描かれている。

 撮影を振り返った齋藤は「夢中ですする感じだったので、今日で麺をすするのがとっても上手になりました(笑い)」と話せば、生田は「私はうまくすすれなくて、スープ担当になりました」と苦笑い。4期生の遠藤が「自分ってすするのが下手なんだなと思いました…」と言うと、1期生の齋藤が「みんなこのCMで上手になるから大丈夫!」と笑いながら励ました。

「カップスターがリニューアルしましたが、最近リニューアルした、したいことは?」と聞かれると、遠藤は「家にもあまり物がないので、うーん…ないですね(笑い)」。齋藤も「私は現状維持を頑張るタイプなので…」と続いたが、生田はバイオリンを購入したことを明かした。

 6月に配信された冠番組でバイオリンとギターを始めたことを明かし、乃木坂46の楽曲を披露していた生田。「とても大きな買い物ではあるんですけど、せっかく始めたし今後も続けると自分を追い込むために、覚悟を決めてリニューアルしました!」と上達に意欲を見せた。