【a―nation】トリはあゆ!〝絶望三部作〟に浴衣姿も「最高の夏の締めくくりを皆様と出来た」

2020年08月29日 23時00分

浴衣姿も披露した浜崎あゆみ

 エイベックス主催のオンライン音楽フェス「a―nation online 2020」が29日、行われた。歌姫・浜崎あゆみ(41)が通算17回目のヘッドライナーを務めた。

 新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となったa―nationのトリを飾ったのは、もちろん浜崎だ。

 野生爆弾のくっきー!が制作したオープニングムービーにのって登場すると、先月31日に配信リリースした小室哲哉作曲の新曲「Dreamed a Dream」をライブ初披露。「いくぞ、a―nation」とボルテージはマックスだ。

〝絶望三部作〟と呼ばれている2000年リリースの大ヒット曲「vogue」「Far away」「SEASONS」の3曲を続けて歌唱する初めての試みも。夏らしく浴衣に着替え「BLUE BIRD」、最後はもちろんアノ曲だ。

 浜崎は「2020年夏、本当にたくさんの思い出、皆さんと一緒に作れて嬉しかったです。ありがとうござました。a―nation! 最後のこの曲、聴いて下さい」と絶叫し「July 1st」を歌い上げた。

 浜崎は「自粛期間中に色々なものに触れる機会があった中、くっきー!さんのずば抜けたクリエイティブ力にものすごい衝撃を受けまして、直談判でオープニング映像作成のお願いをさせて頂いたところ快諾頂いて、唯一無二の映像を作って下さいました! 最高の夏の締めくくりを皆様と出来たと信じています」と笑顔。

 初コラボとなったくっきー!も「宙に在られる御方様にワタクシの様な地ベタが求められる事などある筈も無い事。未だに脳が眩んで御座います。生き続けて正解で御座いました」とコメントした。