橋下徹氏 安倍首相の辞任会見で「お疲れさまでした」と言わない記者たちに苦言を呈す

2020年08月28日 18時39分

橋下氏

 元大阪府知事、大阪市長の橋下徹氏(51)が28日、ニュース番組「Live News it!」(フジテレビ系)に出演。安倍首相の辞任会見について、メディアに苦言を呈した。

 午後5時から始まった会見を約1時間見守った橋下氏は「これで辞任されるので、質問には最後の最後まで答えると思います。記者たちはダラダラ聞いてますけど。俺だったら『うるさい!』と言いますね」とイラ立ちを見せた。

 続けて「だいたい、安倍政権が嫌いなメディアが半分いるにしても、『お疲れさまでした』と言った記者は1人だけ。厳しく言うところは言えばいいけど、そんなに言わないもんですか」と、官邸記者クラブの質問姿勢に首をかしげた。

「メディアは権力をチェックすることが柱としてはあるが、政治家だって人間。記者たちは権力を批判するために来てるんだという態度だったが、『お疲れさま』くらい言えないものか」と、怒りは収まらない様子。自身は大阪で記者たちと何度もぶつかりながら、互いに認め合っていい関係を築くことができたという。

「大阪というローカルの行政トップを務めただけでもね、全身じんましんが出て、家に帰ってもダンゴムシみたいに丸まって体が開かなかった。今はこんな元気だけど、政治家の時にはね」と自身の経験を明かし「そりゃ、一国の総理ともなれば、とんでもない心身の負担だと思う。総理という仕事を7年8か月も続けられてね」と安倍首相の激務、それに伴う心身の消耗を推し量った。

 そして「大阪の政治行政について、安倍政権には多大な力を貸していただいた。大阪万博だってそう。日米同盟の評価とかものすごい功績だと思う。ただ一方で、公文書の問題とか不満もあった」と安倍政権を評価した。