おぎやはぎ・矢作兼が体調不良で冠ラジオに電話出演 リスナーは「休んで」「もう寝ろ」

2020年08月28日 02時16分

矢作兼

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(48)が27日深夜放送のTBSラジオ「JUNKおぎやはぎのメガネびいき」に電話出演した。矢作は冒頭「体調が悪くてすいません」と謝罪。発熱症状があったがPCR検査は陰性だったと報告した。

 相方の小木博明(49)は13日深夜の同番組でステージ1の腎細胞がんであることを告白し欠席することを発表。矢作の〝急病〟により「おぎやはぎ」の2人揃って不在という異例の事態になった。

 矢作は代役出演した事務所後輩である「トンツカタン」森本晋太郎、「chelmico」(RachelとMamiko)に「すみません」と謝罪しながら、軽妙なやりとりを展開。リスナーかららメールやSNSで「休んでください」「寝ろ」の声が寄せられると「もう寝ます。布団の中なんで」と話し、約25分の出演を終えた。

 代役を務めた森本は、直前に出演が決まり「びっくりした」とコメント。主役不在の番組を進行した。